NEKO

introduction

もしも僕が今晩のカレーを

残さず食べたなら良かったのかな

君は酷く顔をしかめて

もうたべなくっていいよって

言ったんだっけな

もしも僕が虐められたって

殴り返せるような人だったらな

君も今より少しくらいは

笑うようになるかもしれないから

もしも僕がひとりきりでさ

君に迷惑もかけずにいられたなら

でもさそれじゃさ君を知らんまま

生きてく事になった

かもしれないから

もしも僕がうそつきなら

こんな僕のこと叱ってくれるかな

そんなたくさんの「もしも話が」

僕の部屋にさ浮かんで行くんだよ

何も無い日々から

罅が入ってそっから

たくさんの「もしも」が漏れ出して

行くんだ

今目をつむって

耳をふさいで歩き出したよ

君の声も君の笑顔も

見えないままだけどそれも良いかも

嫌なもんだけさ

あたまん中から

消してくれたらな

よかったのにな

もしも僕が正直者なら

これが最後だって信じてくれたかな

きっと君は笑ってくれるよな

みんな解っているつもりなんだ

何度も君に言おうとしたけど

届く筈無くて「おかしいな」って

君のとこに行けたならな

でもひざが笑うんだ

「ざまーみろ」って

もしも僕が生きていたなら

君に聴かせるため作った歌

やっぱ恥ずかしくて

聴かせてないけど

歌ってあげたいな僕もいつか

とどくといいな君にいつか

今目をつむって

耳をふさいで歩き出したよ

君の声も君の笑顔も

見えないままだけどそれも

良いかも

今目をつむって

耳をふさいで歩き出したよ

君の声も君の笑顔も

見えないままだけどそれも

良いかも